天川村南日裏定住促進住宅DETAIL

shinkenchikusha1

shinkenchikusha2

MN1

shinkenchikusha3

shinkenchikusha4

MN2

MN3

MN4

MN5

MN6

MN7

MN8

MN9

天川村南日裏定住促進住宅

これは過疎化の進む村における、U・I・Jターンの子育て世代をターゲットとした定住促進住宅の計画です。

この住宅の建つ天川村南日裏地区は、奈良県の奥大和地域に位置し、夏は涼しく関西地域の避暑地として賑わう一方、冬の寒さが厳しいという特性を持つため、ポリカーボネートによる納屋を設け、冬場の日光による暖気を最大限生かす仕組みとし、村の自然環境を四季ごとに楽しめる温熱空間をつくりました。ポリカーボネートによる納屋は、農家の多い周辺住宅の下屋等にも見られる意匠で、地域にも自然にとけ込みます。

室内に露出する小屋組みを住戸ごとに異なる構造とすることで、無機物的に量産される公営住宅のモデルの中にも異なる居住空間を展開し、家単体に留まらず敷地全体において多様な生活空間をつくりました。