スプリットハウスDETAIL

004

001-2

006

005

007

008

009

011

013

015

018

022

023

026

028

029

030

スプリットハウス

  • Category: Private House
  • Date: October, 2014
  • Location: Tokyo
  • Web:
  • Photographer: Masao Nishikawa

この住宅は、1階と2階を切り離し、間に360°開口部の中間層を設けた建築である。

敷地は東京某所、木造住宅が密集する地域の旗竿敷地。採光とプライバシーの両立が極めて困難な状況を打開し、明るく広がりのある空間を獲得するため、この構成を採用した。

1階はキッチン・ダイニング・ソファスペース・共用書斎・和室など、共用の用途を集めた広々とした空間、2階は収納のない小さな個室と、動線を兼ねた納戸による空間である。個室を最小化し、ベッド以外のすべての用途を共用化することで、個室の利用者を入れ替えやすくし、家族構成の変化に柔軟に対応出来る冗長性を与えた。

構造壁が一切なくなった中間層には、複数のブレースを設けることで、水平力に対応した。結果的に、広々とした1階は枝のようなブレース混じりの構造から光が降り注ぎ、小さな空間が連続する2階は小さな部屋の中に柱が貫く、全体として森のような建築となった。

 

1階と2階を切り離すことだけを目的にするならば、柱もブレースも無い方が純粋だ。しかし今回は、あえて木造の構造体を見せることで、広いリビングにヒューマンスケールを与え、構造材・素材として木の存在感を味わうことができる空間を作り出した。抽象的な空間構成のみを建築化するのではなく、即物的なモノの存在感を、空間構成に統合する試みである。