豊島八百万ラボDETAIL

002_omp0121_sample
160726_0086
160726_0342
160726_0486
160726_0142
160726_0130
160726_0516
sk1607049
sk1607046
sk1607041
160726_0016
160726_0031
160726_0167
160726_0249
160726_0585_01
structure

豊島八百万ラボ

要素を減らさず、併存・拮抗させること

 

この建築は、瀬戸内国際芸術祭2016に合わせてベネッセアートサイト直島の新しい施設として建設された、アーティスト・スプツニ子!構想の恒久展示空間です。コンセプトはアートと科学によって新たな神話を生み出していくこと。ラボでありながら、神社の御分霊も受けた施設であります。同じ豊島にある、豊島美術館や豊島横尾館と異なり、作品が3年ごとに入れ替わる可能性があることから、島の風土やスプツニ子!の個性を受け止めながら、同時にフレキシブルな空間が求められました。 

 

そこで私たちは、大断面の鉄骨梁によって、空間に落ちる木の柱を全て中空で支え、小屋組を残したまま無柱の空間を出現させました。鉄骨の梁は、ラボの名にも相応しいよう、あえてそのまま露出させることで、迫力ある小屋組に負けない存在感を放っています。

鉄骨構造としたことを利用し、ファサードは大きく奥へとセットバックさせ、貫通した通路の先に巨大な絵馬掛を設置しました。また、アプローチには鳥居を配して豊玉姫神社を祭る山への軸線を強調しつつも、サインはネオンを用いて対比させました。

私たちがここで試みたのは、様々な与条件から登場する要素を、整理したり減らしたりせず、併存させ、拮抗させることです。風景にとけ込む普通の古民家であり、科学を象徴するラボであり、作品を設置する展示空間であり、神話と接続する神社的なものであることをポジティブに捉え、沢山の意味や佇まいの重ね合わせを行いました。これは、スプツニ子!の作品が持つ多義性にも共鳴します。

 

結果として、この建築は、70㎡程度という面積にも関わらず、極めて多様な経験に満ちています。3月に行われた島民内覧会では、新しく完成したアート施設を見学に来たはずの島の方々が、絵馬に願い事を書き、庭のベンチに座ってずっと談笑していたのがとても印象的でした。